電気工学科

その情熱、実現させよう。



北海道 2年制 電気のスペシャリストをめざす 電気工学科

頂き物のボールペン談義

2019年02月06日 頂き物のボールペン談義

 2月になり、来年度の就職活動へ向けて学生・企業ともに動き出す人が増えてきました。日本工学院にも大勢の企業の方が訪れています。

 さて、訪問された企業の方が粗品として置いていくことが多いのはやはり企業名の入ったボールペン(またはシャープペン)です。仕事柄色々な企業の方から貰うのですが、貰うペンにも様々なバリエーションがあったりします。


.織奪船撻麌佞
DSC_0483










 近年かなり増えてきたタイプです。スマートホンやタブレットなどの普及に伴ってこうしたペンが活躍する機会は多くなっていると思います。


▲札奪箸砲覆辰討い
DSC_0482










 ボールペン、シャープペン、消しゴム、付箋など複数の文具がセットになっているパターンです。色々使えて便利なのですが、ボールペンとシャープペンの見分けがつきにくいのが唯一の難点です。


専用ケース付き
DSC_0484










 専用のケースがある場合もあります。実用的な機能を考えるとここまでする必要は無い気がしますが、ペン1本1本にわざわざケースを用意するなど高級感たっぷりで貰った時の高揚感はなかなかのものです。


ぢ慎’愁棔璽襯撻
DSC_0485










 十徳ナイフのように1本のペンに色々な機能があるものもあります。写真のペンでは「ペン、スケール(インチ,センチメートル)、タッチペン、水平器、ドライバー(プラス,マイナス)」などの機能があります。子どもの頃に持っていたら、間違いなく友達に自慢したであろう一品です。



 普段使うようなペンに企業名が入っていると記憶に残りやすいものですが、あまり良いものであるとワイロのようになってしまうかもしれないです。ボールペンくらいがちょうどいいのでしょう

n-77171606 at 18:12 | この記事のURL | |