電気工学科

その情熱、実現させよう。



北海道 2年制 電気のスペシャリストをめざす 電気工学科

2019年10月10日 太陽光発電所見学会(雨でお話しのみ)

先日、日本工学院から歩いて数分のところにある太陽光発電所の見学会が行われました。
が、前日までは晴天だったにも関わらず当日はあいにくの雨となりました。

直接見に行くことはできませんでしたが、発電所を運営している大林クリーンエナジーの方に様々な再生可能エネルギーについての講演をしていただくことができました。

DSC_0668










ここ数年、日本工学院の太陽光発電所の見学会は半分程度が雨となっています。たまには晴れた日にたくさん発電している所を見てみたいものです。


n-77171606 at 17:48 | この記事のURL | |

2019年09月09日 電気工事士の1種と2種の違いについて

 今年の電気工事士試験は10月6日に開催されます。1年生は第二種電気工事士、2年生(および一部の1年生)は第一種電気工事士の受験まであと1ヶ月となりました。

 今回はその電気工事士の第一種と第二種との違いについて簡単に説明いたします。


〇作業範囲の違い
 ・第二種:一般家庭などの低圧の工事ができる
 ・第一種:第二種の範囲+ビルや送電線などの高圧の工事もできる
正確にはもっと細かく法律上の定義が決まっています。


〇試験開催の違い
 ・第二種:年2回(6月+7月, 10月+12月)
 ・第一種:年1回(10月+12月)。第二種よりも全体的に難しい
どちらも筆記試験精確+技能試験の2つの試験があります。


〇資格取得の方法
 ・試験合格のみで可能取得
 ・試験合格および実務経験5年で取得
第二種は合格後にすぐ申請できるため学生のうちに「取得」となります。第一種は実務経験(学歴によって異なる)が必要なので学生のうちは「合格」までです


電気系の学校に来た以上は最低でも第二種電気工事士くらいは取って欲しいと思います。また、上を目指すならばぜひ第一種も学生のうちに合格したいところです。
あと1ヶ月頑張りましょう

n-77171606 at 17:57 | この記事のURL | |

2019年06月13日 6月現在の就職活動状況

5月が記録的な暑さとなりましたが、6月に入ると逆に暑さが落ちついてきたように感じてきました。今くらいの気温が一番過ごしやすいように思えます。

さて、専門学校の就職活動時期は企業によって様々なのですが、一つの目安としては
 ・4月〜 : 面接開始
 ・6月〜 : 内々定通知
 ・10月〜 : 正式に内定
となっております。

 クラスの中で多くの学生が内定(正確にはこの時期は内々定)を取っている状況ですが、残っている学生もほとんどが6月中に面接を受けに行く予定です。

この後の時期は学校祭や夏休みなどがありますが、やはり内定を獲得していないと気兼ねなく楽しむこともできないと思います。余裕をもって就職活動に挑みましょう

n-77171606 at 18:31 | この記事のURL | |

2019年05月27日 暑い日の電気的な危険性

5月も今週で終わり、6月になれば本格的に夏になります。

と、暦の上ではなっているのですが先日は北海道内で観測史上初めて39.5℃を記録したそうです。寒さの対策はしていても、暑さに弱いのが北海道なのですっかりまいっています。


さて、気温が高くなっている場合に電気的に危険なのがコード類の発熱です。電線は流れる電流の2乗に比例して発熱します。1本あたりでは熱量が少なくても何本も束ねている場合はその発熱が大きくなり、外装が溶けたり発火することがあります。

そのため、特に危険なのはドラムコードになります。
cable_denkou-drum_30403-300x300











ドラムコードはコードを何周分もドラムに巻いているため、熱が密集することがあります。
長さが必要ない時でも、コードを充分に引き出して熱を放散させながら使うことを心がけましょう。

n-77171606 at 18:37 | この記事のURL | |

2019年05月11日 寮生の帰省について

元号が令和に変わり、学生生活も心機一転頑張って欲しいと思います。

今回のゴールデンウイークは10連休ということで、寮に入っている学生は帰省した人が多かったかと思います。
chitose










日本工学院の寮生が帰省する時期は
 .粥璽襯妊鵐Εぁ璽(5月)
 夏休み(7〜8月)
 秋休み(9月末)
 づ澣戮漾12〜1月)
 ソ婬戮漾3月)
の年5回が連休になっています。

,鉢は1週間程度なので、遠方の場合は帰省しない学生もおります。
逆に、札幌程度の距離ならば月曜が祝日の3連休で帰省する学生も多いです。

2年生ならアルバイトで残ることもありますが、やはり1年生は親元を離れたばかりで不安もあるため帰省を選ぶことが多いです。

親御さんも子どもの顔が見れてうれしいと思うので、暇があればぜひ実家に帰ってください

n-77171606 at 19:24 | この記事のURL | |

2019年04月20日 2年生の就職活動について

 入学式から10日ほど経過して、そろそろ1年生も新生活に慣れてきたころかと思います。


 さて、2年生の方はというと入学してまだ1年ほどですが、就職活動が本格始動しています。

 現時点ですでに内定を獲得している学生も1名ならずいますが、4月中に最終面接を予定している学生も数人おります。このまま順調に全員合格してくれたら、平成のうちにかなりの内定率が得られるのではと思います。

 面接日程まで決まっている人、受験企業を決めている人、数社で迷っている人、まだ未定の人と様々です。この選択で自分の一生を大きく左右することになるので、焦らずにじっくりと考えてみてください。

n-77171606 at 17:25 | この記事のURL | |

2019年04月13日 2019年度も学校が始まりました

今週より2019年度の学校生活が始まりました。平成では31年度にあたりますが、平成自体は4月いっぱいで終了となり、令和が始まります。

新年度なので、何と言っても心機一転したのは新入生です。今年も多くの1年生が入学し、あらたに電気技術者を目指すための第一歩を踏み出しました。

入学式_HD_20190408_1











また、新2年生は4月からは就職面接に挑む人が増えてきており、すでに合格をいただいている学生も出ています。入社は1年後なのですが、企業側も優秀な人材を確保するために早めに動いているようです。


1年生はまずは楽しい学校生活のために、2年生は輝かしい社会人生活のために、それぞれを目指してまた1年間頑張っていきましょう

n-77171606 at 17:30 | この記事のURL | |

2019年03月13日 平成30年度 卒業式

この度、平成最後となる日本工学院北海道専門学校の卒業式が行われました。小学校6年、中学校3年、高校3年、専門学校2年と14年にもわたる学生生活もこれで終わりになります。

この先社会人として働いていく中で様々な壁にぶつかると思いますが、ここで学んだことを胸に仕事へ励んでほしいと思います。

この2年間、本当にお疲れさまでした。
頑張れ、新社会人。

DSC_0540DSC_0547DSC_0543

n-77171606 at 18:22 | この記事のURL | |

2019年02月25日 近づく卒業式へ向けて

 日本工学院では3月12日(火)に卒業式が行われます。長い学生生活を終えて社会へ出ていく学生のため、保護者のみならず内定先の企業の方も大勢いらっしゃいます。

 さて、そこで綺麗に卒業できれば良いのですが、卒業式に出席するには当日までに卒業要件を満たさなければいけません。


細かい規定が色々ありますが、簡単に言うと
 ・必修科目を全て取得
 ・必修科目と選択科目を合わせて一定数以上取得
 ・一定以上の出席数
が必要になります。

 保護者の方や企業の方が来てくれたのに「彼は卒業式に出席できません」ではあまりにも情けないです。

卒業式まで残り2週間。しっかりと単位を取っていきましょう。



n-77171606 at 17:52 | この記事のURL | |

2019年02月18日 1年生、就職活動へ向けて

 冬休みが明けてはや1ヶ月、今年も企業説明会ラッシュの時期がやってきました。


 そもそもどんな仕事の選択肢があるかもわかっていない学生が多いですが、前日までは名前も知らなかったような企業の話を聞いて「ここだ!」と一目ぼれすることも少なくありません。

 また、当初は「地元で就職したい」などど考えていても、説明を聞くうちに「全国へ出ていこう」と考えが変わることもしばしばあります。


 そうした企業説明会の楽しみの一つは、卒業生による説明です。 

 昨年3月に卒業したばかりのOBから、ずっと昔のためもう管理職になっているOBまで様々です。学生たちにとっても人事の方の説明以上に心に響くものがあるようです。

DSC_0494DSC_0492DSC_0487































やはり就職活動は「ご縁」なのだと感じます。
学生たちに良いご縁がありますように。

n-77171606 at 17:56 | この記事のURL | |

2019年02月06日 頂き物のボールペン談義

 2月になり、来年度の就職活動へ向けて学生・企業ともに動き出す人が増えてきました。日本工学院にも大勢の企業の方が訪れています。

 さて、訪問された企業の方が粗品として置いていくことが多いのはやはり企業名の入ったボールペン(またはシャープペン)です。仕事柄色々な企業の方から貰うのですが、貰うペンにも様々なバリエーションがあったりします。


.織奪船撻麌佞
DSC_0483










 近年かなり増えてきたタイプです。スマートホンやタブレットなどの普及に伴ってこうしたペンが活躍する機会は多くなっていると思います。


▲札奪箸砲覆辰討い
DSC_0482










 ボールペン、シャープペン、消しゴム、付箋など複数の文具がセットになっているパターンです。色々使えて便利なのですが、ボールペンとシャープペンの見分けがつきにくいのが唯一の難点です。


専用ケース付き
DSC_0484










 専用のケースがある場合もあります。実用的な機能を考えるとここまでする必要は無い気がしますが、ペン1本1本にわざわざケースを用意するなど高級感たっぷりで貰った時の高揚感はなかなかのものです。


ぢ慎’愁棔璽襯撻
DSC_0485










 十徳ナイフのように1本のペンに色々な機能があるものもあります。写真のペンでは「ペン、スケール(インチ,センチメートル)、タッチペン、水平器、ドライバー(プラス,マイナス)」などの機能があります。子どもの頃に持っていたら、間違いなく友達に自慢したであろう一品です。



 普段使うようなペンに企業名が入っていると記憶に残りやすいものですが、あまり良いものであるとワイロのようになってしまうかもしれないです。ボールペンくらいがちょうどいいのでしょう

n-77171606 at 18:12 | この記事のURL | |